|我が家の庭は独自の生態系を作り上げていました。

我が家の庭は独自の生態系を作り上げていました。
お部屋マンションの一階。フェンスで区切られた一画。お隣さんからいろんな種が飛んできてそのまま放置すること4,5年。
子供の背丈ほどの草が生い茂り、なんかよくわからない薄紫の花畑の中、木蓮さんだけがどっしりと主として構えているのが特徴。
ちゃいにーはむーちゃんのパラダイスと化していて、たまにくもくもが家の中に入ってくる現状について思いを馳せました。 さすがにこれはあかんな・・・ しかし、ちゃいにーアレルギーもち。幼き頃庭の芝生をごろごろして、夜中体中真っ赤になり痛痒くてひんひん泣いて眠れぬ夜を過ごしたこともある。
そんなあるひ、ふと、庭の草引きお手伝いしますのチラシを職場で見つける。
「かーさまー」
「なーに?」
「父の日のプレゼントhisの札幌発の航空券でいい?」
「いーよー」
父のいないところで後ろ暗い取引が成立した。 そんなわけで昨日ダスキンさんに庭を綺麗にしてもらいましたー!
わーじーちゃんからもらった木の全体像久々に見たー。木蓮さんは相変わらずお元気で何よりですー。てか南天さんはいつの間に生えてたの?どっから飛んできたの?わかんないけどなんか立派なので残します! うん。これなら窓開けようって気にもなるね!ごめんねくもさんやよくわからない虫たち。また新しい住処を探してくれ。