^プリンスハイツ飯田橋

昭和30年 (1955年) 男63.60歳 女67.75歳

昭和35年 (1960年) 男65.32歳 女70.19歳

昭和40年 (1965年) 男67.74歳 女72.92歳

昭和45年 (1970年) 男69.31歳 女74.66歳

昭和50年 (1975年) 男71.73歳 女76.89歳

昭和55年 (1980年) 男73.35歳 女78.76歳

昭和60年 (1985年) 男74.78歳 女80.48歳

※平成02年 (1990年) 男75.92歳 女81.90歳

平成07年 (1995年) 男76.38歳 女82.85歳

平成12年 (2000年) 男77.72歳 女84.60歳

平成17年 (2005年) 男78.56歳 女85.52歳

平成21年 (2009年) 男79.59歳 女86.44歳

※参考・厚労省「簡易生命表」

※2014年厚労省 簡易生命表の概況によると

  2013年における平均寿命は

  男80.21歳

  女86.61歳

と、なったとある。

 

広辞苑で初老を調べると

 スペード老境に入りかけの年ごろ。

 スペード40歳の異称

とある。

※編纂された時点でのものであろうが・・・。

推移を見るとアバウトではあるが、5年で約2歳くらい伸びている。

軽軽(けいけい)に論じる訳にはいかないが、

10年後(2023年)には平均寿命は

男84歳前後、

女90歳前後

となる可能性がある訳である。

女性だけを見れば『人生90年』の時代が、すぐそこにまで

きている。

90年げっそりどうやって生きる?

初老を定義づけした時期の、平均寿命を仮に50歳とすると

5/4を過ぎた辺りが初老と考えられるだろうか?

今、40歳の人に初老ですね・・・なんて言ったら怒られる(多分)

まったくもって現代の40代、50代、60代は元気である。 プリンスハイツ飯田橋