今日有った越年蜻蛉のお話。 これ

今日有った越年蜻蛉のお話。
これ、皆読める?「オツネントンボ」って読みます。
蜻蛉って難しいですよね。エツネンカゲロウ、とか読んじゃいそう。
文字通り越冬するトンボです。
細長い、他のトンボよりちょっと小さめで白っぽい色をしていて…
北海道外にも居るかな?
っていうか北海道に居る方が驚きかしら。北海道の方が寒いからね。
…此のオツネントンボが職場に出没した件。このマンションって設備が整っていてGooD!
Y室さん(真摯な1階嘱託男性)が、一緒に働いているE並さんを呼んだんですね。
で、タナカ@作業中も一緒に振り返ったら…
Y室さん「トンボ居たよ」
何ぃー!?
此の季節に居るんかい?と思ったら、人差し指にちょんと乗ってる。
タナカ「((((;゜Д゜))))」
Y室さん「あ、○○さん(=タナカ)虫大丈夫?」
タナカ「((((;>_<))))」←全力で首を横に振るの図
でも其のトンボ、ちっとも動きません。羽ばたかないし、
だからあの独特のブブブブブって羽音がしない。
ついでにY室さんの指を噛んだりもしない。…トンボって噛まないっけ?
E並さん「凄ーい!えっと、カミサマトンボだっけ?」
Y室さん「ううん、オツネントンボw」
E並さん「全然違うwww」
Y室さん「文字数合ってたねw」
本当にY室さんったら超優しい(笑)
そんなお年玉あげたい位素敵なY室さんのお話によると、
葉っぱの裏等(日が当たって雪が当たらない所?)にくっ付いて年を越すんだとか。
E並さん「初めて見たー前に見たの死体だったからw」
Y室さん「可愛いよ、顔洗ってる。ちょっと埃被ってるねw」
年次整備という大掃除を超えて尚汚い所に居たんでしょうね!(笑)
そんでもってふわふわ飛んでオツネントンボは窓に止まりました。
タナカから遠い所の!お陰で悲鳴を上げずに済んだ!!
しかし寿命はどの位なんでしょう?
次の他のトンボが出てくる時期まで生きてるんでしょうか…?
まとめ:小さいトンボでもやっぱりタナカは虫がちと苦手