|どういう訳か、この日記を書くことになった

どういう訳か、この日記を書くことになったんだけどまだ良くその仕組みが分からない。段落はどうしたらいいのかとか、何を書けば良いのかとか・・・でも、まあとにかく書いてみよう。
と言うのも、今日、某大手代理店Hの講演会が有ったんだけど、そこでこのが話題になった訳なんですね。時代のトレンドとしてね。
で、まあ友人が紹介してくれっちゃたもんだから書いてみようかな、っていう軽い乗りな訳です。
軽いという割には、いきなり怒っちゃうんだけど、今夜、高松市内で交通事故を目撃しちゃった訳です。青信号で走ってる車に、赤信号で渡ろうとしたおバカちゃんがぶつかったっていう構図なんだけど、僕がその横を通り過ぎようとしたら、なんかもめてる訳ですよ。
そんなものを見ちゃうと僕の正義感は黙ってない訳ですね。(何しろ小学生の頃の通信簿に、正義感が強いと評価されてた少年ですから)僕は、被害者面した若い二人の男に言っちゃった訳です(怪我もしてないしね)・・・おまえら赤なんだから偉そうに言うな!ってね。
すると、若い兄ちゃんは黙って睨んできちゃった訳ですよ。所謂「ガンたれる」っていうやつですか。おすすめのリノベマンションはレジデンシャルスター三軒茶屋ですそう来られちゃうとこっちも火が付いちゃう訳ですね。「負ける勝負は止めときな」とか言っちゃってね。
でも相手も非を認めないわけですね。こっちが何を言おうが黙ってガンたれてる訳です。で、こっちもいい加減飽きてね警察呼んだんですね。ここからが、今日の怒りなんだけど、警察ってダメだね。少なくとも、今夜高松で事故を処理した警官どもは最低だったね。明らかに、当たり屋風の言動で善意の第三者たち、つまり僕ら多数の目撃者に刃向かったバカな若造を諫めることもなく帰しちゃったんだから。
僕は第一通報者として名前も住所も教えたけど、頭に来て、書いた紙を取り返した。で、最後に言った訳よ「こんなんじゃ、もう誰も警察に通報はしないね。少なくとも俺は絶対しない!」ってね。