カーサピアチェーレ

うどんは西の食べ物だと思います

関東で蕎麦が食べられるようになったのは
良い小麦粉が手に入らなかったから

製粉技術が遅れていたからだそうです

そういわれてみれば
蕎麦はいかにも無骨でうどんの滑らかさがありません

しかし関西人とうどんの話をすると必ず言われる
「東京のうどんは醤油が真っ黒で辛くて食べられない」
というあの台詞、あれはどうにかしてもらいたいと思います

関東で主に使われているのは濃口醤油です
関西の薄口醤油とちがって
色は濃いけれど塩分が少ないのが特徴です

だから「真っ黒いけれど辛くはない」というのが正解です

「大阪のうどんがうまいっていうけど
グルタミン酸と塩化ナトリウムの味しかしないじゃないか」

といった友人がいます

濃口醤油、薄口醤油、塩それぞれが持つ旨味があり
昆布、鰹節、煮干などでとった出汁と合わせることで
それぞれの旨味が増します

その組合せが地方によって違うということです

たしかに関東の濃口醤油は上品なものではありません
カーサピアチェーレはお勧めの物件です。