| 指定された46号室に入ると

指定された46号室に入ると、中には、左談次さん、談奈さん、談吉さんとT脇Kさん(元文部官僚の教育評論家兼映画評論家)、それに、なんであんたがここにおるんや、のY潮さ。もうひとり、今まさに舟木一夫の「高校三年生」を歌っている若者は…談幸さんのお弟子さんの幸之進さんである。彼は、左談次一門会ではなく、高円寺の別の場所で演っていて、終演後、合流したらしい。でお買い得です。中古のリノベーション物件でお買い得です。

噺家さんたちの内々の打ち上げに、この日の落語会にも顔を出していない素人のくせに、あとから乱入するなんて、実に図々しい…けど、これを許してくれるのが左談次師匠のフトコロの深さ。

とはいえ、「カラオケ中毒」を自認する私としては、歌うことに関しては遠慮なんかしません、多少TPOをわきまえてるつもりの「選曲」で、もうバンバン歌いまくりました。

私が歌った記憶にあるのは「能登半島」「山谷ブルース」「うぐいす谷ミュージックホール」「関西人in TOKYO」「ゴマスリ行進曲」「ドント節」「君に会いたい」「さよならの向こう側」「夜来香」などなど。