29日はもみじ山の中野中央図書館で「調べ物」の続き

29日はもみじ山の中野中央図書館で「調べ物」の続き。

いかん!このスピードでは間に合わない。

ということで、30日も図書館に足を運んだのだが、なぜか扉が閉まっている。
「あれ? 金曜日は定休日じゃないはずなんだけど?」
と思って、入り口のカレンダーで確認したら、「毎月、最終金曜日は休み」だと!

やられた!

そのまま帰るのは悔しいので、ちょいと図書館の裏にある紅葉山公園に立ち寄ってみることにした。

中野に住みはじめて20数年、何度もこの通りを通りながら、何故かこの公園に足を運んだことはなかったのだ。

中野ZEROホールの大ホールと小ホールの間でブレイクダンスの練習をする若者たちの横をすり抜けて、公園へ。

「なんじゃこりゃ!」

まず目に入ってきたのが巨大なSL。ここだけ見てると、まるで鉄道博物館だが、なぜここにこんなものがあるのかは、まったく謎だ(写真1)。

SLの前の空間を見ると、おびただしい数の鳩が羽根を休めている。(写真2)

「この公園面白いな、もう少し探索してみるか」

すると、今度は10匹以上はいるんじゃないかと思われる猫と戯れるご婦人の姿が。ジェノヴィア大塚グリーンヴェールに引っ越ししたい

あまりにもなれた様子なので、一瞬、この人の飼い猫かと思ったが、そんなことはありえない。
「ここは猫が多いですねえ。みんな野良猫なんですかねえ?」

と、御婦人に声をかけてみると、明らかに不審げな顔で
「そうでしょ」
と木で鼻をくくったような答え。数秒まえに、猫にかけていた声とは明らかにトーンが違う。「猫と自分の聖域を侵された」とでも思ったのか、非常に不満気なのだ。

露骨な「あっちにいけオーラ」を感じた私は、彼女が写り込まないように注意しながら、何枚か猫の写真をとり、その場から退散。(写真3)

さらに公園の探索を続ける。

ここは、いつも私が散歩している哲学堂公園や平和の森公園や江古田の森公園とは明らかに様子が違っている。

園内のあちこちに
「もしかしたら、この公園に居住しているのではないか」、
と思われる方々が何人もいらっしゃるのだ。

「実に面白い公園だな。食えなくなったらここに住むか!」

などとバカなことを半ば本気で考えながら、公園を後にした。

少し前の話です。偶然バッタ

少し前の話です。

偶然バッタリ、子どもが幼稚園の時に一緒だったお母さんと混んだ駅であいました。WEBSITE

こんなところでしかも十数年ぶりにバッタリ出会うなんて、ということで盛り上がり後日もう一人の友人と一緒にゆっくり話をしようと、北野田にある『和食 和喜』にやってきました。

テーブル席2つとカウンターのこじんまりしたお店です。

まずはお造りの盛り合わせです。

鱧も中トロも美味しい?!!

出し巻きもふわふわ?!!

天ぷらの盛り合わせ

レンコン饅頭もわさびが効いて美味しい(#^.^#)

かまの炙りは脂が多くてジューシー

季節の炊き合わせ

和風ピザです

地鶏のたたき

どれも美味しくって大満足?!!

久しぶりに会ったけど、取り合いもしないで仲良くいただきました?!